ニキビの治し方を知ろう

あきらめない・向き合うことがニキビ完治への近道になります

ニキビと向き合うこと

ご覧いただきありがとうございます。当サイトは実際にニキビに悩んだ経験のある皆さんからのニキビに関する体験談や情報を集めたサイトです。年齢、性別、生活環境などが異なるさまざまなスタイルの方々の体験談から、ニキビに悩むみなさんのお役に立てると幸いです。

焦る気持ち

中学生のころまでは、吹き出物が1つもでなくて人から羨ましがられるほどでした。しかし、ある時期になると赤いぽつぽつが急に出始めてきて、そこからはニキビとの戦いになったのです。赤いぽつぽつが1つや2つくらいならまだしも、一か所に固まった形のように出てくるのは、かなり嫌なものです。しかも、清潔にしておくことが第一と言われましたが、活発な中学時代では、汗もかくし、洗顔なんて常にしていられません。嫌だと思いながらも、どうしたら治るのかを考えていました。

ニキビのお薬

テレビCMでよく宣伝されていた、ニキビの治療薬がありました。藁にもすがる思いで、これを買い、もうこれでニキビの悩みとはおさらばと思って期待を込めて夜に塗りました。当時は、同じ年代の人はこの悩みを抱えているので、どうしたら早く治るのかを話し合っていました。そこで、この話題の薬が意外に効果あるというので、自分もなけなしのお小遣いから出して購入したのです。しかし、付けてもさほど効果が出ている様子がないのです。市販の薬を付けていましたが、どうにもならず高校生になっていきました。

あらゆる手

市販の薬が余り効果ないのに、自分はいつか治ると信じて使い続けていましたが、高校生になっても良くならないので、やめました。そして次に目を付けたのが、スキンケアです。アクネ治療を兼ねたスキンケア商品が、当時出ていたのでこれを買う事にしたのです。当時はアルバイトをし始めていたので、こういったニキビが良くなるものを買って、少しでもよくしようと努力をしていたものでした。ただ、当時はメイクに興味があり、このスキンケアをした後にいけないことにファンデーションを塗ってしまったので、悪循環な結果を招きました。

諦めずに向き合うこと

悪循環が続くのは、社会人になってからも続きました。ですが、ある時いくらメイクでニキビを隠しても元の木阿弥であると気づきました。市販のものを買っても治らないのであれば、病院へ行けばその解決法が見つかるのではと思ったのです。ここまで放置していたので、怒られると思って覚悟をしていったら、お医者様は意外に優しかったのです。そして、数回の通院と処方されたローションを毎日塗ると、次第に悩みのもとは収まりました。諦めずに向き合うことで、完治する方向へと向かったのです。

nikibicrash.jp 背中ニキビ 薬学研究所