正しい生活と正しい洗顔

早寝・早起き・洗顔の基本を守るだけでも改善されます

ニキビの治療は根気よくです

ニキビが出来た時のショック

私は30歳すぎの男性です。高校2年の終わりから3年の冬にかけてと、大学の1年の初めから大学2年くらいまで、ニキビがもの凄く出来ました。きっと今まで自分の顔に出来たニキビの数は相当だと思います。数えていないので細かくはわかりませんが、おそらく1000は超えているでしょう。ただ、肌自体がブツブツにはなりませんでした。それは本当に良かったなと思っています。治療方法を間違ってしまうと、そういった事にもなりかねません。無理に潰したり、何もケアせずにそのままにしておいたりするのは宜しくありません。

一枚肌ではありません

ただ、あれだけ出来た後の肌ですから、落ち着いてきてもう何年も経っている今においても、とても綺麗な肌とはいえない状況です。とにかくあの当時の私は肌に刺激を与えてはいけないと思って、洗顔もしっかりしませんでした。いうならば泡を顔につけただけのような感じです。ですから毛穴の油汚れがしっかりと取れていなかったのでしょう。それでは宜しくありません。顔の毛穴を意識して泡立ててしっかりと汚れと油を落としましょう。ただ力強く洗うのはニキビがつぶれてしまうのでよくないです。できれば洗顔ブラシなどを利用するのが効果的でしょう。

正しい治療方法とは

では、正しい治療方法とはどうすべきなのでしょう。今思うと、もちろんホルモン的な問題はあるのでしょうけど、正しい生活と正しい洗顔だと思います。早寝、早起き、そして洗顔は何回もやらない。しっかりと洗い流す。基本のようですが、これが大事です。それとコツは最後に水で顔全体を引き締めるという方法です。これで毛穴が引き締まるため、ニキビには効果的です。私がこの方法を始めてから出来づらくなりました。

ニキビ治療薬も程ほどに

私も気になっていたので治療薬は沢山、購入しました。化粧水や乳液、そしてビタミン剤といったものです。肌に掛けた投資は結構な額に行っていると思います。少しでも綺麗な肌になりたいというその一心でした。もうあのような肌には絶対に戻りたくないですね。