体の中からの改善と見た目の治療

残ってしまったニキビ跡にはレーザー治療の方法があります

腸内環境改善とレーザー治療で安心ケア

ニキビ治療方法

以前、顔全体にニキビができて、かゆくてかゆくて日常生活にも支障が出始めるぐらいつらかった時がありました。会社でも年配の方々からは、みっともないだの、よくそのままでいられるだの、陰口ならまだしも直接言われる事もあり、精神的にも良くありませんでした。周りの人から化粧品や便秘薬、漢方など色々進められました。ホルモン剤を飲むとあっという間に治るからと病院も紹介されました。実際何をすればいいのか、ホルモン剤の副作用がないのかなど、どうすればいいのかわからなくなっていました。

薬や医療に頼らない治療

薬を使う治療に不安があったので、友人に勧められた化粧品を使うことにしました。コットンにたっぷりの化粧水をしみこませて、ニキビのひどいところに貼り付ける方法です。かゆみはなくなったのですが、治る気配は全くありませんでした。この化粧水はセールスの方が連絡をすると持ってきてくれるシステムで、宅配してくれなかったので、彼女が来られないと購入ができないものでした。身近で手軽なものではないと続かないと思いました。

意外な効果があったアロエ酢

鏡を見るたびに憂鬱で嫌でしたが、副作用を考えると飲み薬を使った治療を受ける気にはなりませんでした。その頃便秘にも悩まされていて、何気にアロエ酢が便秘やダイエットにいいという記事を目にして早速飲んでみました。匂いもきつく決しておいしいものではなかったけど、たくさん作ってしまったので、氷などで冷やして何とか飲み続けました。1ヶ月もしないうちに気が付くとかゆみがなくなり、頬の赤みをひいていました。

最後はレーザー治療と塗り薬で

アロエ酢でかなりニキビはなくなったのですが、その後どれだけ飲み続けても完璧な状態にはなりませんでした。それと同時に気になったのが、ニキビ跡です。こればかりは自分でどうすることも出来ませんでした。美容皮膚科の先生が行う美肌ケア講習を受けに行った際に、先生から保険がきくのでレーザー治療を進められました。レーザーを照射すると、肌全体がプリッとするそうです。痛みもなく薬を飲まないのでしばらく通ってみました。薬は塗り薬で、ビタミンCがはいっているものでした。何度かレーザーをあてに通院し、おかげできれいに直すことができました。